AKM

AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
K120-WOL006_AB99_Black

AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)
AKM CASHWOOL BORDER CREW(CAMO)

45,360円(税込)453pt

size:
個数:

#2017AWFINEKNITCOLLECTION

2017-18AW COLLECTION


アイテム詳細
AKM PREMIUM CASH WOOL KNIT COLLECTION

【CASHWOOL / ZEGNA BARUFFA】
CASHWOOLはオーストラリアの厳選された最高級の羊毛、エクストラファイン(19.5マイクロン)を原料とし、ゼニア・バルファ社で開発されたウールです。
特殊加工により、防縮糸ながら「カシミアのような」柔らかさ、ふくらみ、光沢を実現し、メリノ・ウールの最高品質ニット糸として世界中で認られています。

learn more...

ウールの歴史は長く、人間の衣料原料として大昔から使用されてきました。
近代になってからは、良質のウールを生産するためにオーストラリアをはじめとする 羊毛産地で品種改良が重ねられ、百年以上もの時をかけて現在の細番エキストラファイン・ウールが作り上げられました。
また、羊毛紡績各社はその実用性を高め、縮みや色落ち、毛玉(ピリング)などの欠点を改善して、羊毛のもつ柔らかさ、暖かさ、風合いなどを実現する 技術に取り組んできました。

ウールの縮みを防ぎピリングを起き難くするには、羊毛の表面にある「スケール」と呼ばれるウロコ状の凹凸を取り除く必要がありますが、従来の塩素処理(クロイ加工)では羊毛の表面を削り過ぎてしまうため、ふくらみが失われ、硬くてドレープ性のないものになっていました。
ゼニア・バルファ社の開発した防縮加工は、羊毛の表面をほとんど削らずに「スケール」だけを除去するため、ふくらみや弾力性などを残したまま防縮性、抗ピル性を向上させることを可能にしました。
その結果、高級ニットの原料として世界のスタンダードになり、現在ではイタリアから世界70カ国以上に向けて輸出されています。

【BORDER CREW CAMO】
定番中の定番の12ゲージボーダーカモ柄。
ボーダーの太さを初期の頃に戻し、細くしています。
国内の編み機でダブルジャガードで表現出来る厚みを考慮し、厚くなり過ぎないように調整しています。


素材
ウール100%



S/size 肩幅:40cm 身幅:42cm 着丈:64cm 袖丈:59cm
M/size 肩幅:43cm 身幅:44cm 着丈:65cm 袖丈:60cm
L/size 肩幅:45cm 身幅:46cm 着丈:65cm 袖丈:61cm
XL/size 肩幅:46cm 身幅:47cm 着丈:67cm 袖丈:63cm

着用サイズ - M size

採寸方法・トルソー寸法

13時までのご注文で即日発送致します。(銀行振込は入金確認後の発送となります。)
詳細はこちら>>>ショッピングガイド

関連商品

page top