SEVESKIG 記事一覧へ

9月も中旬に入り、いよいよ秋らしい季節感が増してきましたね。

 

 

特に今年の関東地方は、ここ数年の9月の気温感に比べると涼しい印象で、袖ものを羽織っていないと朝夕は肌寒い感じがありますね。

 

もう、こうなったら秋冬ファッションをめいいっぱい楽しむしかありませんね。^^

 

さて、
SEVESKIG(セグシヴ)から2017AW新作のライダースジャケットが入荷となりました。

SEVESKIG
VINTAGE GOAT SKIN W-RIDERS JACKET

SEVESKIGの人気の定番アイテムのライダース。

毎シーズン消化の良いアイテムで、アルディヴァーグでも山の様に売れる訳ではありませんが、気がつくと完売していたという安定人気のアイテムです。

ここ数シーズンはBLACKの入荷が多かった気がします。
そろそろ、ライダースの2着目3着目を選ぶ方も出てくる頃でしょうから、ここらで少し無難で安心感のあるBLACKでは無く、色々と気分が変わってくる色物をご提案させて頂こうと思います。

SEVESKIG
VINTAGE GOAT SKIN W-RIDERS JACKET

GOAT SKIN LEATHER(山羊革)に洗いのかかった、ヴィンテージレザー。

JK-SV-NA-1002 商品ページへ

『カラーで選ぶRIDERS JACKET』

このGREENのレザー。
何だかSEVSKIGではよく売れます。
他にRED、BLUE、BEIGEなどのカラーがありますが、GREENがSEVSKIGではよく売れる気がします。
ブランドによってイメージカラーというのが有るんですよね。
でもこのグリーンのレザーは他のブランドでも余り展開の多くない色で有りながら、自然体で大人っぽい雰囲気が良いんでしょうね。
そして、何よりこのヴィンテージのベットシーツの生地でライニング(裏地)使いに遊び心を持たせています。
(この生地はヴィンテージ生地を使用している為、一点一点柄が違ってきます。勿論キャラクターも変わって来るので、一点一点の個性が有ります。)
最近の新品の洋服では、ハンドでのリメイクを施して、一点一点の個体差を持たせたもが人気が有ったりするので、少しだけ不揃い感の有る個性が良い感じです。

う〜ん、渋い!

今シーズン、アルディヴァーグではこの『VINTAGE GOAT SKIN W-RIDERS JACKET』はGREENのみをオーダーしました。
他の色も有ったのですが、余り色数を増やしすぎて、迷わせない様にGREENのみにしました。

 

無難なBLACKでは無く、どうして『色物レザー』を選ぶのか?

レザーの様に高額なアウター選びをする時は、どうしても使いやすさを中心に考えてしまいがちで、使い勝手の良さそうなBLACK系の色を選んでしまう事が多いかもしれません。
最初の1着目だったらBLACKは良いのですが、2着目3着目もBLACKのチョイスになってモノクロ系の色のチョイスに偏ってしまうと、コーディネートしても洋服の形のバリエーションが少ないメンズでは、表現が限られてしまい、新しいものを買って着ているはずなのに、余り代わり映えがしない・・・。
気付かないうちに最初の頃に洋服を買ってワクワクしていた気分が、楽しく感じられなくなってしまう事があります。

 

洋服は『型』×『素材』×『色』の要素の掛け合わせて楽しみが広がってくるので、3着目に手が伸びる頃は、やっぱり色の要素を楽しめないとファッションにお金をかけているのが勿体無いです。
『色物レザー』は、着てみると今までのコーディネートとは全く違って、着こなしの幅が広がって着ます。
自分だけの色の着こなしを楽しんで見てはいかがでしょうか?

 

『素材で選ぶRIDERS JACKET』

GOAT SKIN “SUEDE” W-RIDERS JACKET
JK SV NA – 1003

JK-SV-NA-1003 商品ページへ

こちらは、SEVESKIGのライダースでは初のオーダーのBLACKのスウェード素材のWライダース。

レザーの裏側を使用したスウェードは、レザーアイテムを愛用する上での醍醐味の経年変化を楽しむ事がより出来るアイテムです。
真新しくベルベット絨毯の様に毛並みが揃った状態から、肘や袖口や、背中、肩など、着用中の擦れやレザーに含まれるオイルや汚れなどが複雑に混じり合って、少しづつ愛用する人と一緒に年齢を重ねてくれるレザージャケットは、着る期間が長くなる程に、愛着が湧いて来ます。

スキンレザーとは雰囲気も、表情の変化も、違う素材で2着目のBLACKを選ぶのも良しですね。

 

クローム鞣しをした後にタンニンで再度鞣しを施し、張りがあるのに柔軟性と軽さに富むヘビーレタンゴートスウェードを使用したWライダース。
通常のスウェードとは違い、極限まで毛足を長くしてタッチの良さを再現している。
衿をバンドカラーにすることで、コートの上から来ても首回りがスッキリするディティールを採用。
ライニングにはビンテージのベットシーツを使用しています。
このヴィンテージのベットシーツはアソートとなっておりますので、1点1点デザインが違って来ます。

 

 

▼今季のアルディヴァーグのライダースアイテムを纏めてみました。

RIDERS 商品ページへ


SEVESKIG(セグシヴ)は、古着収集が趣味のデザイナーが、色々な遊び心のある洋服を自身で着倒して、その遊び心を自身のブランドの洋服に落とし込むという、とても玄人的な物作りをしているので、男の遊び心を刺激してくれる洋服を多く作り出しています。
よりコアな層に突き進んで行くSEVESKIGの洋服は、面白いです。

時々チェックしてみてください。

 


Author:Sekine Fumio


SEVESKIG online shop SEVESKIG 記事一覧

ご紹介のアイテムに関しては、アルディヴァーグへ直接お問い合わせ下さいませ。
▼お問合せ先



▼アルディヴァーグ公式通販サイト
https://www.ass-inc.com

HardiVague logo

page top