QUSSIO styling ver.1

QUSSIO

Author:maki

QUSSIO 記事一覧へ

 

 

今、トレンド「ストリートファッション」

レディースファッションシーンにおいて、ストリート系を扱うブランドが少ない中、

新生QUSSIO は「TOKYO STREET」をテーマに、商品を展開。

強さと格好良さを全面に押し出しながらも、女性らしさを忘れない。

そんな QUSSIO らしいアイテム達を使ったスタイリングをご紹介致します。

 

 

ボタニカル柄を主役に、インナーはブラックで締めたスタイリング。

中に着るものをワンカラーにしたり、トーンを合わせることで、さらにボタニカル柄が映えます。

インパクトのあるボタニカル柄で目を引くこと間違いなしです。

商品ページはこちら 商品ページはこちら

 

 

全身をブルーでまとめた、涼しげで爽やかなスタイリング。

同じブルーでも、ジャケットはジャージ素材、パンツはサテン風の生地にすることでメリハリができます。

色味を揃える際は、異素材をミックスすると、より上級者な着こなしができます。

商品ページはこちら 商品ページはこちら

 

 

夏らしいカラーを使った明るく映えるスタイリング。

暖色のみを使うのではなく、ポイントで寒色を取り入れることで、全体がぼやけてしまう心配がありません。

さらに、このスタイリングのように、トップスのロゴの色を他のアイテムと合わせることで、全体のバランスが抜群に良くなります。

商品ページはこちら 商品ページはこちら

 商品ページはこちら

 

 

ルーズでボリュームがあるGジャンを中心に組んだスタイリング。

中はTシャツにショートパンツでコンパクトにまとめることで、バランスを取ることができます。

トップスにはっきりとしたカラーを入れることで、ホワイトが際立つようにしています。

商品ページはこちら 商品ページはこちら

 

 

ビビットピンクのセットアップで、女性らしさを感じさせるスタイリング。

同生地を合わせることで生まれる統一感。

「派手」と思われがちなビビッドカラーも、サテン風の生地なら「上品」に変わります。

周りと差を付けやすいので、人と被りたくない時に打って付けです。

商品ページはこちら 商品ページはこちら

 

 

QUSSIO の世界観が伝わったでしょうか?

女性らしい部分はそのままに、そこに強さをプラスしたストリートファッション。

ストリート系を着てみたいけど、メンズライクすぎるのは嫌。そんな方に、QUSSIO がばっちりハマるのではないでしょうか。

他にも COOL なアイテムを取り揃えておりますので、ぜひ、下記のブランドページをチェックしてみて下さい。

次回、QUSSIO STYLING ver.2 もお楽しみに!


Author:maki


QUSSIO online shop QUSSIO 記事一覧

ご紹介のアイテムに関しては、アルディヴァーグへ直接お問い合わせ下さいませ。
▼お問合せ先



▼アルディヴァーグ公式通販サイト
https://www.ass-inc.com

HardiVague logo


page top